本文へスキップ

木と土の家づくり 自然素材を活かした家をつくるなら、安城木材市場(株)アンモクの住いへ

電話でのお問い合わせは0566-76-2729

〒446-0025 愛知県安城市古井町軽桶15

お住いの詳細detail

安城市 浜屋町 宮西 浜屋町公民館(建て替え)

安城市の北部地域、浜屋町の公民館の建て替え工事が進行中です。
日吉神社の境内の一角にある公民館を建て替える計画が起きまして、登記上は一筆だった神社の敷地を測量して分筆申請をして境界杭を入れ、正式に建築物が建てられる様に建築許可を申請して受理されました。
その後、設計事務所が入札をおこなった結果、弊社が工事をさせていただける事になりました。
延床面積で約53.5坪の平屋建ての公民館の間取りは、約48帖(畳で48枚分)大広間な会議室、大人数でも調理が可能な約12帖の配膳室(キッチン)、天井を斜め(勾配天井)にした小屋裏収納付の書庫等があり、別棟で約6坪の倉庫も新築しています。
ZEH(ゼロエネルギーハウス)でも使われている「高密度グラスウール断熱材」を外周り壁内に気密充填施工しており、エアコン等の空調設備を使った時に少ない消費電力でも快適温度を保てる「とても省エネルギー性能の高い」公共建築物です。

お住いの写真


お住いの概要

仕様 総桧(ヒノキ)造り 標準仕様 建物形状 平屋建て(一部 小屋裏収納)
外壁下地 桧(ヒノキ)ドウブチ下地 屋根 防災平板(フラット)瓦ぶき
外壁仕上 ガルバリウム鋼板(角波) 軒裏仕上 ケイカル板張り(塗装仕上)
内装概要  省エネルギー等級4(長期優良住宅レベルの断熱性能)を楽々クリアできる「高気密高断熱型グラスウール断熱材」を採用した「平屋建て公民館(公共建築物)」です。
 外壁周り柱面へ「PB(せっこうボード=プラスターボード)厚12.5mm」を張り、その上に透湿防水シートを張って、外壁下地には「経年劣化しにくい桧(ひのき)ドウブチ」を使っています。
 外壁仕上材は公民館と屋外倉庫共に、再塗装等メンテナンスの頻度が極端に少ない素材「ガルバリウム鋼板」(角波型)です。
 なお、全景写真スグ下、屋外倉庫の内壁面の仕上は桧(ヒノキ)構造用合板を張りました。
 「町内会の事務室(8帖)」、「間仕切り戸の無い大広間(48帖)な会議室」、「くつろぎの畳敷き居室(6帖+板張り+収納)」、「大人数でも調理が可能な配膳室(約12帖)」、「男女別トイレをそれぞれ1ヶ所」、「倉庫と書庫(造り付け収納あり)」、「ゆったり余裕の巾広な廊下(巾1.5m)と玄関ホール(巾3.6m)」といった間取りの平屋建て公民館です。
 12月下旬に畳入れが済んだ後、完了検査を受けて、1月上旬にお引渡しを予定しています。