本文へスキップ

木と土の家づくり 自然素材を活かした家をつくるなら、安城木材市場(株)アンモクの住いへ

電話でのお問い合わせは0566-76-2729

〒446-0025 愛知県安城市古井町軽桶15

お住いの詳細detail

安城市 尾崎町 K様邸 (ZEHで長期優良住宅レベルの家)

 安城市の尾崎町、国道1号線と旧国道(旧国道1号線〜東海道)の間の田園地帯に建ちました。
 「壁内ウールブレス(羊毛断熱材)工法」と「アルミ樹脂複合サッシ(LIXILサーモスL仕様)」を採用、「外皮平均熱還流率(UA値〜屋外から居住スペースへの熱の伝わりにくさ)」を「ZEH(ゼロエネルギーハウス)仕様レベル」以上の性能に高め、太陽光発電設備(4.57kw/h超)を設置しました。
 なお、構造については「天然木製の構造躯体(家の骨組)」を弊社おなじみ「総桧(ヒノキ)造り」で組み上げ、第3者検査機関による「住宅性能証明(長期優良住宅仕様の耐震性能)」の認証を取りました。
 外壁材は経年劣化によるメンテナンス頻度を少なくする「ニチハ製サイディングFuge(フュージュ)」を平継目シーリング無で施工、屋根は茶系色ムラ仕様の防災瓦ぶき、温かみのある外観のお住いです。

お住いの写真


お住いの概要

仕様 総桧(ヒノキ)造り 標準仕様 建物形状 2階建て
外壁下地 桧(ヒノキ)ドウブチ下地 屋根 防災平板(フラット)瓦ぶき
茶系色ランダムカラー仕様
外壁仕上 サイディングFuge張り仕上
《 平継目ジョイントレス仕様 》
軒裏仕上 ケイカル板張り(塗装仕上)
内装概要  UA値(外皮平均熱還流率〜外部から屋内への熱の伝わり易さ)が「0.55以下」になるよう断熱層の素材と厚みを設定しており、壁内など空間に余裕が無い部位には「調湿機能を発揮する羊毛断熱材ウールブレス」を入れ込みました。(内装の写真、壁下地の奥の「白い綿」状の材です)
 調湿機能を持つ断熱材は、湿気が原因の腐朽から「木造の構造体(土台・柱・梁など)」を守ってくれるので、パッシブ(「アクティブ=積極的」の反対語、電気等エネルギーを使わない状態)にて家を「末永く頑強な状態」で保つ事ができます。
 東南面の屋根に「発電能力4.57kw/hのソーラーパネル」を設置しており、年間エネルギー収支で「ZEH(ゼロエネルギーハウス)基準」を満たしており、第3者検査機関による「BELS(ベルス・・・建築物の省エネルギー性能表示)」で「ZEH認証(星5つ)」を受けました。
 内装仕上については、「しっくい系ハイブリッド塗材の大壁塗り仕上」や「東濃桧(ひのき)無節板張り天井」、「ムク(天然木)ナラ銘木フローリング」等を各所に使っています。
 LDKの東面と南面の掃出し窓(巾1.8mで高2mの大きな窓)の前〜バルコニー下にウッドデッキを予定しており、1階の親御さん世帯の物干スペースとして使用可能かつLDKの延長スペースとしても使える「くつろぎのアウトリビング空間」を造る予定です。